性病は初期症状が無症状のものもあり、気づかずに放置しておくのは非常に危険です。国内で感染者の多いクラミジアや淋病など、また、その治療方法についてもおさらいしていきます。性病感染にはくれぐれも注意しましょう。

性病である淋病の男女別症状と治療法

性病である淋病の男女別症状と治療法
更新履歴

性病の中でも淋病は、淋菌と呼ばれる細菌に感染することによって起こります。
淋菌はとても弱い細菌で、粘膜から離れるとすぐに死滅してしまいます。そのため、感染経路は粘膜同士が接する場合に限られます。
また性病は多くの場合、性別によって症状が異なります。これは淋病にも同様のことがいえます。

男性の場合、尿道に感染することが多いです。尿道に感染すると炎症が起き、排尿する際に激しい痛みに襲われます。また、尿と一緒に白色や黄緑色の膿も排出されます。
この時、治療せずに放置しておくと、細菌はやがて精巣上体にまで進出します。
すると精巣上体が炎症を起こし、睾丸に腫れや痛みが生じるようになります。そして最悪の場合、無精子病につながる恐れがあります。

一方、女性の場合は子宮頚管に細菌が感染すると炎症が起き、おりものの量が増えたり膿が排出されるようになります。
この時治療せずに放置しておくと、卵管や卵巣も炎症を起こすようになり、下腹部の痛みが生じるようになります。すると最悪の場合、不妊につながることもあります。
なお女性の場合、男性に比べて症状が現れにくいです。そのため初期症状に気づきにくく、病状が悪化しやすい傾向にあります。
女性は淋病を治療しないまま妊娠すると、胎内の子どもにも細菌が感染する恐れがあります。胎内の子どもに感染すると、結膜炎を引き起こし、最悪失明の恐れもあります。
このように、性病の多くは放置しておくと、不妊症につながる恐れがあります。また、妊娠した場合は胎内の子どもにも悪影響が及ぶため、早期の治療が重要となります。

淋病の場合、細菌の感染によって起こります。そのため治療する際は、点滴・注射・飲み薬などの方法で抗生物質を投与していきます。
この時、完全に細菌を死滅させなければ再び症状が現れる恐れがあるため、2週間程度薬の投与を続けていきます。
そして、医師が完全に細菌がいなくなったことを確認して初めて、完治となります。

淋病の治療にペニシリンが使われない場合も増えた背景

以前、細菌性の性病の治療を行う際、よく使用されていたのがペニシリン系の抗生物質でした。
しかし、最近ではあまり細菌性の性病の治療を行う際に、ペニシリンが使われなくなってきました。
というのも、細菌の中にはペニシリン系を使用しても効果のない、「耐性菌」が出てくるようになったからです。

例えば治療の途中で薬を飲むのをやめると、細菌はその薬に対して「耐性」をつけるようになります。するとその薬では効果が無くなってしまうのです。
ペニシリンは、淋病の治療の際に多く使われてきた薬です。しかし治療の過程で、ペニシリンに対して耐性を持つ淋菌が増えてきました。
そのため、現在では淋病の治療の際には、ペニシリン以外にも、様々な抗生物質を使用します。

しかし、最近ほとんどの抗生物質に対して耐性を持つ「スーパー淋病」というものが新たに発見されました。
スーパー淋病は、ペニシリン系をはじめ、これまで淋病に効いてきたセファロスポリン系の抗生物質も効きません。

また、初期症状は通常の淋病と同じですが、その後の進行がとても早いという特徴もあります。淋病に感染すると、感染した部分が炎症を起こし、膿を発症します。
スーパー淋病の場合、血液やリンパ液に乗って全身にまわり、体の様々な部分で炎症を引き起こすようになります。すると体の様々な部分に膿ができる「膿毒症」を発症します。
「膿毒症」になると、菌が持つ毒素によって高熱・悪寒・発汗などが起こります。そして症状が悪化すると、血圧低下やショック症状を引き起こし、死に至ることもあります。
スーパー淋病の場合、この「膿毒症」になるまでのスピードが速いのです。

現在、淋菌の多くはペニシリン系に対して耐性を持っています。
また、最近ではこれまで淋病に使われてきた抗生物質に対しても耐性を持つスーパー淋病も現れてきています。
少しでも菌に耐性を持たせないためには、完治するまで処方された薬を飲み続けることが重要となります。

Now Loading...

Now Loading...