性病は初期症状が無症状のものもあり、気づかずに放置しておくのは非常に危険です。国内で感染者の多いクラミジアや淋病など、また、その治療方法についてもおさらいしていきます。性病感染にはくれぐれも注意しましょう。

性病であることをパートナーに話さないといけない理由

性病であることをパートナーに話さないといけない理由
更新履歴

自分が性病であるということは、できれば秘密にしておきたいと多くの人が考えるでしょう。
周りに知られてしまうと、恥ずかしいですし、遊んでいる人間だと思われてしまうからです。けれども、もし性病であることが分かったら、すぐにパートナーに話さなければいけません。
その理由は、性病は性行為によって相手に感染させてしまう病気だからです。
自分だけ治療をして性病が治ることがあっても、性行為をすることで、せっかく治ったのにまた同じ病気にかかってしまうということは珍しくありません。

性病というのは、とてもプライベートな問題です。中には、性行為以外の原因によっても感染する病気もありますが、その多くは性行為によって感染が広がります。
もし、パートナー以外の人との性行為で性病になってしまった場合、浮気や風俗といったことまでも話さなければいけなくなってしまいます。
正直に言うということは、とても勇気がいることです。できれば、誰にも気づかれないうちに治療して治るのが一番いいと考えるでしょう。
けれども、正直に伝えないことで、パートナーに感染させてしまうばかりではなく、再び自分も性病になってしまうという危険性があります。
性病であることを言うことで、双方の健康を守ることができます。

性病は、薬の処方がメインの治療になりますが、イボができている場合は取り除くための治療を行わなければいけません。
パートナーに分からないように薬を飲めば問題がないと考えるかもしれませんが、あなたからすでにパートナーへと感染が広がっている場合、薬を飲んでも再び感染してしまいます。
お互いに治療を受けて、二人とも病気を治すことが大切です。同時期に、きちんと治すことで、その後の性行為は可能になります。

性病の疑いがあるときは、泌尿器科や産婦人科に行くことで治療を受けられます。
男性は泌尿器科、女性は産婦人科に行くことが多いです。性器にかゆみがない場合もありますが、きちんと治療を受けることが大切です。

性病が治るまでの性行為について

性病にかかって、治療をしているとき、性行為はどうすればいいのかという問題にあたります。この問題は、性別を問わず感じることになるでしょう。
コンドームを使えば、直接性器に触れることがないから大丈夫なのではないかと思っている人も多いです。けれども、性病の中には、性器以外でも感染する病気があります。
オーラルセックスでは咽頭に感染する病気もありますし、キスだけでも感染の危険性がある性病もあります。治療中の性行為は避けた方がいいでしょう。

治療というのは、薬を飲めば終わりというものではありません。治ったかどうかをチェックしなければいけません。
ですから、正確には、治療が終わり、陰性であるということが分かってから性行為をするようにしましょう。
また、完治する前に性行為をしてしまうと、性器の炎症が悪化してしまったり、性的興奮によって分泌された液体にはタンパク質が多く含まれていて、病原菌が活発になってしまうため、治りが悪くなってしまいます。

治療中に性欲が抑えられなくなってしまうこともあるかもしれません。
しかし、体液や粘膜部分には多くのウィルスが存在しているために、触れるだけで感染のおそれがあります。
少しくらいなら大丈夫だと思いこんでしまうと、せっかくの治療の効果がなくなってしまいます。性病が完治する前では、性行為は絶対に避けるようにしましょう。

こうすることで、お互いの性病をうつし合うことなく治療をすることができます。性行為を我慢するのが難しいこともあるでしょうが、きちんと治すことを優先しましょう。
パートナーとふたりで治すことで、一緒に頑張ることができます。性病はいくつかの種類がありますが、どれも治療をすることが大切です。

Now Loading...

Now Loading...