性病は初期症状が無症状のものもあり、気づかずに放置しておくのは非常に危険です。国内で感染者の多いクラミジアや淋病など、また、その治療方法についてもおさらいしていきます。性病感染にはくれぐれも注意しましょう。

ニキビにも効くミノサイクリンの作用秩序は?

ニキビにも効くミノサイクリンの作用秩序は?

感染症に効く薬としてよく使われるのが抗生物質です。抗生物質は細菌に対して有効な働きをし、死滅させる効果があります。
ミノサイクリンはそういった抗生物質の一種で、主にニキビなどの皮膚感染症やクラミジアによる性感染症に効果のある薬となります。

ミノサイクリンは細菌を直接攻撃するわけではありません。ニキビやクラミジアといった症状を治すには、体内に入り込んだ細菌を体外に排除する必要があります。
この働きを担っているのが自己免疫です。しかし入り込んでしまった細菌の働きが強すぎると、免疫機能が上手く働かずに細菌が猛威を振るってしまいます。
そこで免疫機能を補助する役割として抗生物質が投与されます。

ニキビやクラミジアといった病原細菌に感染すると、身体の中で細菌が異常に繁殖することとなります。
細菌は細胞からできており、増殖するには細胞分裂をする必要があります。その時に必要となるのがタンパク質です。
人の身体はタンパク質で出来ていると言っても過言ではなく、臓器や皮膚・筋肉などもタンパク質から出来ています。
実は細菌もタンパク質から出来ており、細胞分裂するにはタンパク質は欠かせません。

つまりタンパク質を合成できなくしてしまえば細菌は増えることが出来なくなります。ここで問題となるのが人の身体にとってもタンパク質合成は重要という事です。
ポイントは、人と細菌とではタンパク質を作り出す器官の形が異なることにあります。ミノサイクリンの作用秩序はこの器官の違いを見分けることが出来るということなのです。

ミノサイクリンは細菌のタンパク質合成だけ抑制する作用秩序があるため、人に対しては副作用を軽減するメリットがあります。
また有効とされる菌はいくつかあり、肺炎球菌などのグラム陽性菌やインフルエンザ菌・マイコプラズマやレジオネラといった非定型菌にも有効とされています。
広く使用されている成分ですが、耐性を与えてしまいやすい薬でもあり、使用には注意が必要です。

ミノサイクリンと危険な飲み合わせについて

ミノサイクリンは広く使用されている抗生物質ですが、服用に関しては注意すべき点があります。
まずは食べ物です。ミノサイクリンはアルミニウム・マグネシウム・鉄・カルシウムを含む食べ物を同時に摂取することでキレートと呼ばれる化合物が生成されます。
すると有効成分の消化管からの吸収率が低下してしまうため、薬が十分に効かないといったことが起こります。
そのために、こうした食べ物を含む食事との同時服用は避け、食事と薬の服用の間隔を2~4時間程度あけた方がいいのです。

そして最も危険と言われているのが牛乳との飲み合わせです。
牛乳にはカルシウムが豊富に含まれています。そのために牛乳でミノサイクリンを飲んでしまうと有効成分がカルシウムと結合し、薬の効果がなくなってしまう危険性があるのです。
薬の服用は水または白湯で飲むようにしましょう。

また飲み合わせに注意が必要な禁忌薬が多数存在するのもミノサイクリンの特徴です。
抗凝血薬のワルファリンや強心薬のジゴキシン・リウマチの薬であるメトトレキサートや血糖降下薬など多くの薬が併用注意とされる禁忌薬です。
日頃飲んでいる薬がある人は、併用する場合も止める場合も自己判断で行うことは危険です。必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。

その他の注意点として、歯が黄色くなる可能性があるために子どもには使用しないといったことがあります。
妊娠中に使用することで赤ちゃんの歯も黄色くなる可能性があります。ニキビの改善に服用していることも多い薬ですが、妊娠を希望する場合はいったん使用をやめて、妊娠に備えた方がいいと言われています。
ミノサイクリンは細菌を死滅させる薬ではなく、増殖を阻害して免疫機能を高める薬です。正しい知識で利用するようにしましょう。

Now Loading...

Now Loading...